良い環境づくり | 地域全体でサポートをして、障害者も暮らしやすい環境にしよう

良い環境づくり

仕事をする上で大切なことがあります。それは「コミュニケーション」です。
コミュニケーションがないと仕事の伝達を上手くすることが出来なく、作業効率を下げてしまうということがあります。
仕事をする際は報連相が大切だと言えるでしょう。しかし、報連相がなければ仕事を失敗してしまう可能性があり、会社に大きなダメージがあります。
障害者雇用をすると、会社全体でどのような仕事を任せるか考えます。そして、意見を言い合うなどする為、自然と会話が増えるでしょう。
社員同士で障害者に仕事を教えあうなどする為、慣れない環境で不安な障害者も安心して仕事をすることが出来る環境をつくることが出来ます。
今まで社員のコミュニケーションが悪かった企業も、障害者雇用をすることで和やかな雰囲気に変えることが出来るでしょう。

しかし、障害者雇用をするとなると困難な壁がある場合があります。
障害者にどういう風に接して良いのか分からないと言う社員もいるでしょう。
そういう方はなかなか会社に溶け込むことが出来ない為、不満やストレスを抱えている場合があります。
障害者雇用を考えている際は、そういった社員のメンタルケアをすることも大切です。
障害者だけでなく、社員一人一人の話しを聞きアドバイスをすることで、更に良い環境へと生まれ変わるでしょう。
会社の雰囲気を変えたいという気持ちで障害者雇用をするのも良いですが、大きく環境が変わる為負担に感じてしまう社員の為にも、しっかりとサポート体勢を整えましょう。