スムーズな仕事 | 地域全体でサポートをして、障害者も暮らしやすい環境にしよう

スムーズな仕事

障害者雇用をしていない企業は、社員1人の仕事量が多いということがあります。
仕事には期限があり、その期限内に終わらせなければならない決まりがあるでしょう。
期限内に仕事を終わらせようと焦って仕事をする方もいます。そうすると、チェックミスなどが出てきて、修正に手間がかかるでしょう。
凡ミスなどをする方もおり、効率が悪くなってしまいます。また、一人一人のストレスも多く溜まってしまうでしょう。
しかし、障害者雇用をすると障害者に仕事を一つや二つ任せることが出来る為、社員の仕事量が減ります。
障害者に仕事を任せる場合はまずは簡単な仕事から任せると良いでしょう。仕事が始めてという方もおり、そういった方は仕事がどういったものなのか分からないと言う方もいます。
簡単なことを吸収するのが早いので、どんどん次の仕事を覚えていくでしょう。
障害者雇用をすることで、社員は違う仕事をすることができ、ゆとりを持つことも出来るでしょう。
余裕があることで、凡ミスを減らすことが出来る為、修正の手間を省くことができ次々に新しい仕事に手をつけることも出来るのです。

障害者にも健常者と同じように、得意なことと苦手なことがあります。
その双方を活かすことで、あらゆる仕事に対応をしてくれるでしょう。
障害者雇用をする際はその方がどんな方なのか見ることで、どういった仕事を任せるか決めることが出来ます。
その方に合った仕事をまかせることで、その仕事が得意になり仕事のスピートをアップさせることが出来るでしょう。
ワークシェアリングを進める鍵を、障害者雇用が握っているのです。