忍耐強い | 地域全体でサポートをして、障害者も暮らしやすい環境にしよう

忍耐強い

以前は団塊世代言い、厳しい世の中でしたが、近年はゆとり世代と言われています。
ゆとり世代の特徴としては、少し嫌なことがあっただけですぐに辞職をしてしまうことです。
また、分からないことは分からないままにしてしまう方もいるでしょう。
それでは企業にとってはマイナスでしかありません。人が辞めていく度に1人の仕事の量が増えストレスや会社への不満と変わってしまうでしょう。
しかし、障害者雇用をすると経済効率がアップすると言われています。まず、誰か1人でも辞めると仕事が回らなくなってしまう為、求人広告を出さなければなりません。
求人広告はインターネットサイトや求人誌などありますが、広告の大きさや期間で費用が変わります。その為、企業にとっては負担となってしまいます。
障害者雇用を始めることで、まじめに働いてくれ40年間以上も勤めてくれる障害者もいます。他の方よりベテランになり、求人広告費を抑えることも出来るでしょう。

障害者は健常者と比較をすると仕事を覚えるのに時間はかかってしまいますが、それでも一生懸命働いてくれ沢山の仕事を覚えてくれるでしょう。
出来る仕事が増えることで、事業展開をすることも出来るでしょう。
障害者雇用をすることで企業が安定をする可能性もあります。健常者ばかりではなく、障害者雇用をすることで企業はみるみる成長をしていくのでしょう。
障害者雇用についての研修や講習会も多くある為、参加をしてみると良いでしょう。
今まで分からなかったことも分かるようになってくる為、より深く障害者雇用について知ることが出来ます。