地域ぐるみで助け合う

「障害者」は健常者と違い、手足を動かすことが出来ない身体的障害を持っています。他の方と上手くコミュニケーションをとることが出来ない、知的能力に障害がある知的障害など、障害によって呼び名が変わります。
小学校など身の回りに1人くらいは障害者がいたと言う方も多いでしょう。
小学校に障害者がいた場合は、みんなと同じクラスではなく違うクラスのことが多いです。その子たちに合った学力で勉学をするからです。
中学校へ入学をする際は、障害者専門の学校へ行くことが多いでしょう。
障害者がいることは珍しくはないですが、いじめの対象となる場合が多いです。心のない言葉を浴びせられている方も多かったでしょう。
同じ人間でちょっと違うからと言って相手を傷つけるのはいけないことです。
障害者について理解をすることで、お互い支えあいながら生活をしていくことが出来るのではないでしょうか。

障害者の中には自立をしている方もおり、そういった方は一人でも生活をする方もいます。
結婚をしてお子様がいる方もいるでしょう。障害者同士で結婚をする方もいます。
しかし、一人で生活をすることが出来ない。常に誰かにサポートをしてもらわなければ何も行動をすることが出来ないという方もいます。
目を離すとすぐにどこかへ行き、危険な目に遭いそうになった子もいるでしょう。
自立をすることが出来ない障害者が、安心をして生活をすることが出来る環境は周りの方がつくっていかなければならないのです。
地域全体で助け合いながら環境を作っていくことで、障害者は今より更に生活が楽しくなるでしょう。

TOPICS

スムーズな仕事

障害者雇用をすると、企業にとって多くのメリットがあります。社員の負担を軽減させながら障害者に適した仕事を任せることで、仕事の効率も上がり会社には大きな利益があります。

 Read More

良い環境づくり

コミュニケーションをとることができ、お互い助けあう環境は障害者雇用によって実現しつつあります。分からないところは教えてあげるなどしてサポートをすることで、自然と会社全体の会話も広がります。

 Read More

おすすめ記事

社会への貢献

障害者雇用には企業のイメージアップをさせる効果もあります。地域や社会から関心をされ、信用度をアップさせることが可能です。企業の宣伝にも繋がり、沢山の魅力を感じます。

 Read More

忍耐強い

健常者は仕事を覚えても、なにか嫌なことがあるとすぐに辞めてしまうということがあります。しかし、障害者は仕事を覚える事が遅くても長い間勤めてくれる傾向にあります。障害者雇用をして定着率を上げることも出来るでしょう。

 Read More

助成金などについて

障害者雇用をすると助成金や報奨金を受けることが出来ます。社会貢献ともなるので、企業の印象も良くなります。雇用人数を増やすことで、障害者も働きやすい社会づくりができます。

 Read More